南極でウェディング8世代目に愛児ができる

身は婚姻5年代目線になる43年のスペシャリスト婦人で、生後8ヶ月になるちびっこがいます。
結婚してから強敵妊娠する事ができませんでした。
旦那も我々もちびっこが思い切り好きでおめでたを希望していた結果、不妊外来へ通っていました。
機会法や人工授精、体外受精や顕微授精までやって9年代でこれから待望のおめでた。
旦那と跳ね上がるほど幸福ました。
但しおめでたが分かったと共に始まった悪阻。
身は吐き悪阻だったので空腹で吐き、満腹で吐き、旬には医院で点滴をしてもらう間近激しい悪阻に悩まれました。
分娩やるまで悪阻は続いた結果、ウエイトはおめでた前より9距離増えただけでした。
分娩は初産なのにかなり安産だったって教員に褒められました。
出産してからは3時間毎の授乳やパンツ替え、夜泣きなどで常にヘナヘナだ。
分娩や子そだてがこんなに一大ものだは思っていませんでした。
母方やおとうさんになる事は極めて大変いやに凄い事なのだって改めて認識させられました。
泣きたく上る事もありますが、わが人の表情や旦那なチームメイトで常に頑張れています。
直近の念願は大きくなったわが人ってディナーに発つ事です。ダウン症検査の詳しい話